カプサイシンとイソフラボンで薄毛改善


薄毛(男性型脱毛症)を引き起こし、
発毛を困難にすると言われる
ジヒドロテストステロン(DHT)は原因酵素、
「5α-リダクターゼ」によって作られます。


この「5αリダクターゼ」に高い抑制効果を示し、
頭皮におけるジヒドロテストステロン(DHT)の
局所濃度を低下させる効果があると言われているのが、
飲む育毛剤として有名なプロペシア
(主成分:フィナステリド)です。


実際に血中のジヒドロテストステロン(DHT)を
60%以上も減少させ、抜け毛薄毛進行の停止、
髪の毛の増加などの育毛効果も報告されています。


実はプロペシアの有効成分である「フィナステリド」は
元々は育毛や薄毛防止の薬剤ではありません。

フィナステリドは前立腺肥大症の治療薬として
米国で開発されたのです。


試験的に服用した被験者に薄毛進行の停止や
育毛・発毛効果のあることが偶然見つかり、
一錠あたりの「フィナステリド」含有量を
1/5程度に減らす事で、米国FDAに
飲む育毛剤として認可されたのが
飲む育毛剤プロペシアなのです。


しかし、医薬品ですので服用には医師の診断・処方箋が
必要となります。

また、薬価基準未収載薬ですので
保険給付の対象外です。

全額自費購入という事になりますから、
従来の育毛剤に比べると高額に感じるかもしれません。

現在はプロペシア以外にカプサイシンとイソフラボンの
同時摂取で驚くべき育毛効果が期待出来るダブルインパクトが
凄く注目されています。

カプサイシンとイソフラボンを同時摂取することにより、
毛乳頭に働きかけ再び活性化する働きがあると研究の
結果わかりました。

そこで実際に薄毛や円形脱毛症の方に
摂取してもらったところ、驚くべき結果が!!

動画で育毛効果が確認出来ます。(驚)

驚きの育毛効果を動画で確認

5αリダクターゼは薄毛の最大原因


5α-リダクターゼは何故、AGA抜け毛
原因になるのかについて解説します。

※AGAとは男性型脱毛症のことです。

男性ホルモン、アンドロゲンの中の一種である
「テストステロン」は前立腺や毛包などに存在する
【5α-リダクターゼ】という還元酵素によって
【ジヒドロテストステロン略してDHT】に変換されます。


テストステロンとDHTを比較すると薄毛の
原因になる毛根を萎縮させる力は
DHTのほうがなんと10〜100倍あると
報告されています。


ですから【5α-リダクターゼ】がDHTに変換されて
しまうことを抑えることが薄毛抜け毛を改善する上で
かなり重要なことなのです。

これを抑える食物は「ノコギリヤシ」「亜鉛」
「チョウジエキス」等です。

そしてこれらすべてを配合しているサプリメントが
ファイブ・アルファ・アールという
育毛サプリメントです。

ファイブ・アルファ・アール

5αリダクターゼを薄毛の原因DHTに変換させないこと


DHTを抑制するために、女性ホルモンを使用したり、
直接男性ホルモンを抑制していじる事は、
体にとってよいことではありません。



薄毛の最大の問題は、5α-リダクターゼがより強力で高濃度な
男性ホルモンDHTに変換されてしまうことです。

薄毛対策を行ううえでここは外せない要素です。

何故なら抜け毛、薄毛の原因が悪玉男性ホルモンDHTの
仕業だという説が現在一番有効な説だからです。


いろいろな育毛剤比較したり、育毛剤ランキング
売れている育毛剤を購入して試したりしても、
悪玉男性ホルモンDHTが薄毛を進行させてしまいます。


5α-リダクターゼDHTに変換されるのを、くいとめればよいわけです。


ポイントは男性ホルモンを直接抑制せずに、5α-リダクターゼ(酵素)を

抑制すればより安全に薄毛抜け毛の最大の敵の男性ホルモンDHT

防ぐことが出来きます。



このサイトの基本コンセプトは、身体に害がなく安全な育毛発毛法です。


育毛が成功しても、身体が悪くなってしまっては本末転倒です。


健康に回復してこそ発毛した喜びが味わえるのです。


5αリダクターゼ(酵素)を抑制してくれるもので、有名なのは
プロペシアフィナステロイド)経口タイプの育毛発毛医薬品です。


U型5α-リダクターゼの働 きをブロックする効果が期待出来ます。

しかしプロペシアは少数ではありますが、副作用の報告もあります
ので、当サイトではお勧め出来ません。


ではどのようにして、5α-リダクターゼの働 きをブロックして、薄毛の原因
DHTに変換されてしまうのを防げばよいかなのですが、当サイトでは
「ファイブ・アルファ・アール」というサプリメントをお勧めしております。


理由は、飲む発毛剤プロペシアのような副作用の心配がないことと、
髪の専門ドクターが臨床医学の観点から開発しているということです。


現段階ではこのファイブ・アルファ・アールが5α-リダクターゼを抑制出来る
もので一番安全に抑制できるのであると思います。


AGA(男型脱毛症)5α-リダクターゼをうまく抑制することは最も大切であり、

育毛成功させるための基本中の基本です。

    
これを、実施しないと男性型脱毛症の根本原因の解消は難しいでしょう!

男性ホルモンの抑性が育毛のカギ


男性型脱毛症はすべての脱毛の中でも、若ハゲ・薄毛の
95%を占めるといわれています。

最近では男性型脱毛症AGAとよび、テレビCMでもよくみかけます。




男性の薄毛の場合はほとんどこれに属します。


若ハゲ薄毛原因であるにっくき5α-リダクターゼという還元酵素に

よってAGA(男性型脱毛症)の最大の原因である男性ホルモンDHT

うまれてしまいます。


これを抑制しなければ、抜け毛を減らして発毛することは困難です。

                    
5α-リダクターゼ(酵素)はT型とU型が存在します。


一般的にはT型5α-リダクターゼは、脂性肌の人が多く、

にきびや吹き出物が出来やすいタイプの人です。

毛根にも皮脂腺が多く存在します。!



U型5α-リダクターゼは体毛や髭の濃いタイプの人です。



いずれにせよ、憎き5R-リダクターゼを抑制するものは、薄毛を制します。

薄毛最大に敵DHTの正体・・


薄毛最大の原因と言われるDHT

育毛発毛を語る上で絶対はずせない要素と言えば
DHT(ジヒドロテストステロン)です。



DHTとは5αリダクターゼによってテストステロンが変換された、
非常に強力な脱毛作用のある活性型男性ホルモンのことです。


DHTが皮脂腺の受容体と結びつくと皮脂が過剰に分泌されて、
毛穴を詰らせ、髪の毛の成長を妨げ、 毛乳頭の受容体に結びつくと、
髪の毛が十分に成長する前に抜けてしまうために、ヘアサイクルが乱れ
やがて髪の毛は失われていきます。



上記の理由でいかにDHTが怖いかが分ります。




DHTは実に薄毛脱毛症の原因の90%以上を占めると言われていますが、
女性と男性の薄毛の多さの違いを見れば、男性ホルモンが薄毛にどれほど
影響があるのかがよく理解できます。



※近年の女性の薄毛増加の原因も、女性の社会進出による過度のストレス
によって血中のDHTの濃度が上がったことが理由と言われています。




育毛成功させる上で最大の障害とも言えるDHT(活性型男性ホルモン)を、
いかに制御するかが発毛へのキモです。




DHTとは5αリダクターゼによってテストステロンが変換された、
強力な脱毛作用のある活性型男性ホルモンであることが判明して
いる以上、5αリダクターゼの活性を抑制しなくてはなりません。




臨床医学から誕生した飲むヘアケアは5αリダクターゼの活性を抑制します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。