男性ホルモンと薄毛の深い関係


男性ホルモンがどのような影響を及ぼして
抜け毛薄毛化がおこるのかを正しく知らなければ
育毛発毛の成功は難しくなります!


実際に男性ホルモンは私たちの髪の毛にどのような影響を
及ぼしているのか正しく理解しておきましょう!


5α-リダクターゼ(酵素)は通常の男性ホルモンを
ジヒドロテストロン(DHT)に変換し、
そのジヒドロテストロンDHTは男性型脱毛症を
引き起こし促進させる最も強力なアンドロゲンDHT
(通常の男性ホルモン5〜10倍)である。


薄毛対策で肝心なことは5αリダクターゼが
ジヒドロテストロンDHTに変換してしまう前に
抑制しなければなりません。

特に前髪薄毛なってきた方は、男性ホルモンの
影響で薄毛が進行している場合が非常に多いです。

まずは、5αリダクターゼーの抑制です!


5αリダクターゼーを抑制する!ファイブ・アルファ・アール
臨床医学から誕生した本格派です!

薄毛になる最大の原因


薄毛の最大の原因と言われている「5α-リダクターゼ」
ですが、
何故「5α-リダクターゼ」が抜け毛の原因をつくり、
薄毛を進行させるのかをお教えします。



少し小難しい内容かも知れませんが、育毛を成功させる為には、
「5α-リダクターゼ」の話はさけては通れない話ですので、是非
お読み下さい。


男性ホルモン、アンドロゲンの中の一種である「テストステロン」は
前立腺や毛包などに存在する「5α-リダクターゼ」という還元酵素に
よって「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換されるのです。


これが(DHT)は薄毛を進行させる悪玉男性ホルモンです。


テストステロンとDHTを比べると毛根を萎縮させる力は
DHTのほうが1なんと0〜100倍あるといわれています。


ですから「5α-リダクターゼ」DHTに変換されてしまう前に
くいとめなければ薄毛の改善は難しいのです。


育毛剤効果が現れてきて発毛してきたとしても、
「5α-リダクターゼ」DHTに変換され続けていては、また薄毛になってしまいます。


「ヘアメディカル・ファイブ・アルファ・アール」 は、抜け毛の
原因である、この「5α-リダクターゼ」の活性を
抑制する生薬エキスを配合した日本初の臨床医学から
開発された飲む抜け毛予防サプリメントです。


ファイブ・アルファ・アール

ハゲになってしまう根本の物質


薄毛の最大の原因と言われている
「5α-リダクターゼ」ですが、

何故「5α-リダクターゼ」
抜け毛の原因をつくり、薄毛を進行させるのかを
お教えします。



少し難しい内容になりますが、育毛を成功させる為には、
「5α-リダクターゼ」の話は
さけては通れない話ですので、是非お読み下さい。


男性ホルモン、アンドロゲンの中の一種である
「テストステロン」は前立腺や毛包などに存在する
「5α-リダクターゼ」という還元酵素に
よって「ジヒドロテストステロン(DHT)」に
変換されるのです。


これが(DHT)たちが悪いのです。


テストステロンとDHTを比べると毛根を萎縮させる力は

DHTのほうが10〜100倍あるといわれています。


ですから「5α-リダクターゼ」DHTに変換されてしまう前に
くいとめなければ薄毛の改善は難しいのです。


育毛剤の効果が現れてきて発毛してきたとしても、
「5α-リダクターゼ」DHTに変換され続けていては、
いたちごっこになってしまうのです。


「ヘアメディカル・ファイブ・アルファ・アール」 は、

抜け毛の原因である、この「5α-リダクターゼ」

活性を抑制する生薬エキスを配合した

日本初の臨床医学から開発された

飲む抜け毛予防サプリメントです。
   ↓

ファイブ・アルファ・アール


DHTの正体


薄毛最大の原因と言われるDHT

育毛発毛を語る上で絶対はずせない要素と言えば
DHT(ジヒドロテストステロン)です。


DHTとは5αリダクターゼによって
テストステロンが変換された、
非常に強力な脱毛作用のある
活性型男性ホルモンのことです。



DHTが皮脂腺の受容体と結びつくと皮脂が過剰に分泌されて、

毛穴を詰らせ、髪の毛の成長を妨げ、
毛乳頭の受容体に結びつくと、髪の毛が十分に
成長する前に抜けてしまうために、ヘアサイクルが乱れ
やがて髪の毛は失われていきます。



上記の理由でいかにDHTが怖いかが分ります。


DHTは実に薄毛脱毛症の原因の90%以上を
占めると言われていますが、
女性と男性の薄毛の多さの違いを見れば、男性ホルモンが

薄毛になる原因にどれほど影響があるのかが
よく理解できます。


※近年の女性の薄毛増加の原因も、
女性の社会進出による過度のストレスによって
血中のDHTの濃度が上がったことが理由と言う説が
有効です。



育毛成功させる上で最大の障害とも言える
DHT(活性型男性ホルモン)を、いかに
制御するかが発毛成功へのカギです。


DHTとは5αリダクターゼによってテストステロンが
変換された、強力な脱毛作用のある活性型男性ホルモンで
あることが判明している以上、5αリダクターゼ
活性を抑制することが必須です。



臨床医学から誕生したヘアメディカル5α-Rは5αリダクターゼの活性を抑制します。






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。