薄毛になる原因!専門家の見解


@男性ホルモンの影響
男性ホルモンのテストステロンは毛乳頭細胞、毛母細胞で
5αリダクターゼ2型という酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されます。
DHTは毛根の細胞を委縮させます。
その為に髪の成長が止まり脱毛を引き起こします。

A遺伝の影響
遺伝子の核をなすDNAは遺伝情報を担い、細胞の活動を
支配しています。

親から引き継いだDNAに髪の成長を阻害するプログラムが
あれば脱毛に至る可能性はあります。

Bストレスの影響
過度の精神的ストレスは自律神経の働きやホルモンの分泌を乱して
毛根の細胞機能を乱します。

またストレスは免疫異常を起こさせて頭皮、毛根に炎症を生じさせます。

C食生活・生活習慣の影響
栄養バランスの悪い食事や、不摂生な生活を送っていると
皮膚の代謝が悪くなります。

夜更かし、運動不足、食事のバランスや時間の不規則などは
頭皮の栄養状態を悪くし、髪の毛の成長に悪影響を及ぼすと
言われています。

また上記以上の要素は個別にではなく、
それぞれの要因が複雑に作用しあい、
薄毛に影響している。

しかし現在男性の薄毛の大半の原因がAGAであると
言うのが現時点での専門家の見解です。




AGA・薄毛でお悩みの方に



抜け毛・薄毛の原因と対策


抜け毛と薄毛(ハゲ)の原因・・・

それはすなわちそれは、男性ホルモンから分泌される
悪性酵素の血中濃度。

これにつきます。

     
夜更かしすればするほど、タバコを吸えば吸うほど、
ラーメンやコンビニ弁当を食べれば食べるほど・・・・
  

悪性酵素(DHT)が血中に増えます。
※詳しくは5αリダクターゼはDHTに変換されます。


ですので、5αリダークターゼがDHTに変換されない体質に
しないといけないのです。


つまり薄毛体質を改善できたら薄毛も改善される。

要するに発毛サイクルが正常になるのです。


5R-リダクターゼを抑制!ファイブ・アルファ・アール(5α-R)

薄毛になる最大原因を知ることで薄毛対策が出きる


>exclamation薄毛の原因

薄毛になる原因は色々な要素がありますすが、
その中でも「ストレス」「生活習慣」「遺伝」
「頭皮トラブル」「男性ホルモンの影響」が
主な原因と言われています。

今回はこの薄毛の原因を深く考えてみましょう!


1ストレス
あらゆる病気の原因を引き起こすとも
言われるストレス。
当然、薄毛の原因にもなります。
ストレスが自律神経やホルモンのバランスを崩し、
毛根に行く血流が悪化して、毛根に栄養が行き届かなくなり、
ヘアサイクルが乱れ薄毛が進行します。

2生活習慣
健康な髪を発毛させるためには栄養の
バランスが大切です。
バランスの偏ったファーストフードや睡眠不足などの
生活が続いては、頭皮の栄養状態が悪くなり、薄毛は
進行してしまいます。
たばこのニコチンも血流を悪化させるため、
育毛を成功させてければ禁煙しましょう。

育毛に最適な栄養を日頃の食生活で食べることが
出来なければ、育毛サプリメントが効果的です。

【抜け毛予防】と【髪の成長】飲むヘアケア・サプリD【イースト】




3遺伝
薄毛には、遺伝的要素も関係している
場合がやはりあります。
正確には食生活等の生活習慣が似ていることが
薄毛の原因である場合が多々あります。


4頭皮トラブル
シャンプーのすすぎ残しが薄毛の原因になっている
場合も多くあります。
ネズミの背中にシャンプー剤をつけて、
不十分なすすぎを数日行うと、すすぎ不足の部分
の毛が抜けます。
しかし自宅のシャワーだけでは、なかなか充分な
すすぎはできません。
下記のケアナチュラルを一度お試しください。

ケアナチュラル


5男性ホルモン
男性ホルモン(テストステロン)はひげや胸毛など
体毛の成長を促進させますが、頭髪にとっては大敵です。
毛根の毛母細胞で5αリダクターゼという酵素がDHT
(ジヒドロテストステロン)に変換されてしまい、
毛根細胞を萎縮させるため髪の毛の成長は止まり
抜け落ちてしまいます。

ですので5αリダクターゼがDHTに変換されるのを
抑性することが薄毛を改善する為には必須です。

5R-リダクターゼを抑制!5α-R(ファイブ・アルファ・アール)




薄毛の最大の原因と対策


>■脱毛症の最大原因 と対策

薄毛の原因は色々な要素ありますが、その中でも「ストレス」
「生活習慣」「遺伝」「頭皮トラブル」
「男性ホルモンの影響」が主な原因といまれています。


■ストレス

あらゆる病気を発症する元凶ともいえるストレス。
当然、抜け毛、薄毛にとっても例外ではありません。
ストレスが自律神経やホルモンのバランスを崩し、毛根に行く血流が悪化して、
毛根に栄養が行き届かなくなり、ヘアサイクルが乱れ脱毛します。

■生活習慣

健康な髪を発毛させるためには栄養が必要です。
バランスの偏ったファーストフードや睡眠不足などの
生活が続いては、頭皮の栄養状態が悪くなり、
薄毛は進行してしまいます。たばこのニコチンも
血流を悪化させるため、薄毛が心配の方は避けて下さい。

育毛に最適な栄養を日頃の食生活で食べることが出来なければ、
育毛サプリメントがお勧めです。

【抜け毛予防】と【髪の成長】飲むヘアケア・サプリD【イースト】




■遺伝
薄毛には、遺伝的要素も関係している場合がやはりあります。
正確には食生活等の生活習慣が似ていることが薄毛の原因である場合が多いです。


■頭皮トラブル

シャンプーのすすぎ残しが薄毛の原因になっている
場合も多々あります。
ネズミの背中にシャンプー剤をつけて、不十分な
すすぎを数日行うと、みごとに、すすぎ不足の部分がハゲます。
しかし自宅のシャワーだけでは、
なかなか充分なすすぎはできません。
下記のケアナチュラルを一度お試しください。

ケアナチュラル


■男性ホルモン

男性ホルモン(テストステロン)はひげや胸毛など
体毛の成長を促進させますが、頭髪にとっては大敵。
毛根の毛母細胞で5αリダクターゼという酵素がDHT
(ジヒドロテストステロン)に変換され、毛根細胞を
萎縮させるため髪の毛の成長は止まり髪は抜けます。

5αリダクターゼがDHTに変換されるのを
抑性しなくては薄毛の改善は難しいのが事実です。

5R-リダクターゼを抑制!5α-R(ファイブ・アルファ・アール)

ハゲ・薄毛の最大原因と改善方法


昔からヒゲや体毛の濃い人はハゲると言われますが、
それは男性ホルモンが原因でハゲるという事の
意味です。

男性ホルモンが多い=体毛が濃いという図式から
上記のように言われています。


アメリカのハミルトン博士により行われた興味深い
実験結果があります。

この結果は男性型脱毛症の原因を解明する
原点になる重要な検証結果です。


@ 思春期またはハゲる前に睾丸を摘出され
男性ホルモンを作り出せなくなった男性は
ハゲになることはない。
又はハゲ進行中の人の睾丸を摘出すると、
ハゲはそれ以上進行しない。

Aハゲ進行中に去勢され、進行が止まっていた
人に男性ホルモンを注射すると、
再び薄毛になり始める。

Bもともと薄毛になってなかった男性は、去勢された
あと男性ホルモンを注射してもハゲない。


@の結果から分かる事は、男性ホルモンを
作り出さなければ、薄毛にならない。
又は薄毛の進行を止められるということ。

Aの結果から分かる事は、もともとハゲる人は
男性ホルモンがあると薄毛になる。
無ければ薄毛の進行は止まる。

Bの結果から分かる事は、ハゲない人は
男性ホルモンが多くても薄毛にならない。


※以上のことで重要なことは男性ホルモン1を
抑制できれば、最低でも薄毛の進行はくい止められる
ということです。


体に男性ホルモンが無ければ、薄毛は進行
しませんがそれは不可能です。


ではどのようにすれば良いのか・・・・・


毛乳頭や皮脂腺の酵素5αリゼクターゼが薄毛を
進行させる悪玉男性ホルモンジヒドロテストステロン
「DHT」に変換されてしまう前に抑制することが
一番効果的方法な方法なのです。


5αリゼクターゼを抑制するファイブ・アルファ・アール

抜け毛・薄毛になる根本原因は・・・


抜け毛ハゲ薄毛になる原因を明らかに
していきましょう!

このサイトでも何度も解説していることですが、
男性ホルモンは5αリダクターゼとう酵素によって、
ジヒドロテストステロン(DHT)というより強力な、
活性化された男性ホルモンに変換されます。


そしてこのDHTが、毛乳頭内の男性ホルモンと
結合する事により、毛乳頭や毛母細胞へ
「毛髪を生やすな!」と脱毛因子が指令を出します。


脱毛因子の指令により、細胞が活性化されない状況が
続いていき、毛髪が充分に作られない状況が続くと、
髪の毛が細く弱くなり、成長をする前に髪が抜けます。


現在のところ 男性ホルモンをいかにDHTに変換
させないようにするかが重要ではないかという
説が有力であり、DHTに変換されなければAGAの
改善も可能なのです。


プロペシアという飲む育毛剤は数年前より日本での
販売が許可されましたが、プロペシアの効果も
男性ホルモン5αリダクターゼがDHTに変換される前に
食い止めることなのです。


AGAの治療で病院にいくとたいがいプロペシア
服用になります。


水道橋博士育毛効果を高めるためにプロペシアを
服用していたことがあると、自身の著書でも
書いておりますが、継続服用はしていないようです。

博士の異常な健康

プロペシアは医薬品ですので、服用には医師の診断と
処方箋が必要です。

水道橋博士のような忙しい芸能人やビジネスマンには、
中々時間を作るのが難しいと思います。


5αリダクターゼがDHTに変換されるのを
抑性するのは何もプロペシアだけではありません。


髪の専門医が開発した「ファイブ・アルファ・アール」を一度試してみては
いかがでしょうか?

当サイトからの購入者も大変多い優れものです。

【抜け毛予防】と【髪の成長】

飲むヘアケア・サプリD



毛根が死滅してしまう・・・・


今回とても怖いタイトルから始まります。

頭皮に詰った皮脂が、髪の毛の成長を阻害して
抜け毛の原因になる事はよく知られていますが、
最近の研究で実際に立証されています。



「頭皮に詰った皮脂が酸化して生じた
化物質が脱毛を促進する」

 ↑この事が立証されています!


以前から、抜け毛の多い方・薄毛の方は皮脂が
過剰に分泌している方が多いのですが、
その皮脂が酸化して過酸化物質になると
毛根の細胞までも弱らせていまいます。


育毛成功させるには「皮脂の分泌の抑制とその
皮脂を酸化を防ぎ過酸化物質にさせない事。」

これが必須です。


日常生活の中でもちょっとした工夫で、
皮脂が過剰分泌しない体質づくりをすることも出来ます。


私がお勧めするのは、皮脂を押さえてくれるお茶です。

普通の生活の中でお茶をクミスクチン茶に
するだけで、皮脂の分泌が抑えられます。




ちなみに皮脂分泌の多い方は脂性肌用シャンプー
使用することも忘れずに!

スキンタイプで選べるシャンプー『スカルプD』



何故薄毛になってしまうのか・・・


昔はフサフサしていた髪が、どうして
突然抜けたりするのか?

なぜハゲる人、ハゲない人がいるのか?



そのような疑問を薄毛抜け毛でお悩みの方は
一度は抱いたと思います?


髪が抜けてしまうことに関しては、
ヘアサイクルの異常によるものと、
病的な原因によるものとの2つに
大きく分類できます。


薄毛でお悩みの大多数を占める男性型脱毛は、
現在のところでは髪に必要な栄養が毛根部に
行き渡っていない事や、遺伝、睡眠、などの
生活習慣が関与しています。

そしてストレスなど精神的問題も大きな
原因です。


さらに男性ホルモンの影響などの影響も大きな
薄毛の原因として上げられます。


生活習慣を見直すとともに、ジヒドロテストステロンを
生成する抜け毛の原因「5α-R」を抑制しなければ、
薄毛、抜け毛を改善することは困難です。


5α-Rを抑制する日本初!ファイブ・アルファ・アール

男性ホルモン


水道橋博士育毛に成功したのは
男性ホルモンに関係があるのかを検証します。



育毛サイトを立ち上げてから、下記ような
質問をうけたことがあります。




「男性ホルモンが多い人はハゲるといううわさが

昔からありますが、そのうわさは本当でしょうか?」




その答えですが、男性ホルモンが多いかたは、

「皮脂の分泌が活発になり毛穴が汚れて詰りやすい」


毛穴が詰るということは、


「毛根に栄養が行き渡らず、ヘアサイクルが乱れて髪が成長しない」


その結果として、抜け毛が多くなり以上脱毛を起こし
薄毛になります。



結論は男性ホルモンが強い方はハゲる可能性が高い

体質だということがいえます。



当サイト経由で最も売れている男性ホルモンの活性を制御する

5α-Rをまだ試されていない方は、一度試されてみることをお勧めします。








抜け毛予防はここから始まる!日本初!飲むヘアケア






ハゲる原因の真実


ハゲる原因については、ネット上でも色々公開されています。

しかし、今回お書きすることはあまり知られていない
ようですので、是非このサイトの訪問者の方は
覚えておいて頂きたいと思います。


とても重要なことを書きます。


人気blogランキング!の水道橋博士の育毛法!は必見!


人間は何歳位で成長期が終るかご存知でしょうか?


遅いかたでもだいたい二十歳位には成長は止まります。


しかし、実はあまり知られていないことですが男性の頭蓋骨は
四十歳位までごく僅かずつ成長する場合があるのです。


身体の成長が止まったあと、頭蓋骨が成長していくのですから
当然、頭皮は引っ張られてしまいます。


水道橋博士は40歳前半ですが、頭皮の柔軟性はまだ残って
いたのです。

この頭皮の柔軟性が残っていたことが、水道橋博士の育毛成功のスピードを加速させたことは真実です。


薄毛の方の頭皮がビンビンに張っていて、ツヤツヤしているのは
この頭皮の張りが原因です。


頭皮が引っ張られてしまっては、当然頭皮の柔軟性は無くなり、
正常なヘアサイクルは保てません。


薄毛の原因が、頭皮がカチカチになっているからということは、
よく知れれていることですが、まさか頭蓋骨が四十歳位まで
少しずつ成長していて、それが頭皮の柔軟性を損ないハゲる
原因になっているということは、知っている方は少ないのでは
ないでしょうか?


薄毛で悩んでいる方は、一度自分の頭を観察してみて下さい。


おそらく、側頭部(耳の上)が張っていて、頭頂部の頭皮が
引っ張られてカチカチになっていませんか?


この状態では育毛効果は出ません。


まずは、毎日育毛マッサージをして頭皮の柔軟性を
取り戻して下さい。



当然、今現在ハゲていない方も将来に備えて頭皮を
柔軟にしておきましょう!


育毛マッサージ方法は、当サイトで詳しく解説しておりますので、
何度も見て毎日実践して下さい。


下記サイトで育毛に関する絶対必要な基礎は、すべて
知ることができます。定期的に新しい記事がアップされますので、
お気に入りに入れておきましょう!
    ↓
育毛発毛教えるウェブ.com


育毛マッサージ方法!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。