頭皮を柔軟にする方法


顔の筋肉を鍛える「顔ヨガ・表情筋運動(ファイスストレッチ)

これは顔の筋肉を柔軟に強く鍛えることによって、
肌のおとろえを防ぐ美容法です。

下記の「水道橋博士の育毛法!」は当サイトが
参考にして記事を書いている水道橋博士がシャンプーで
育毛に成功した方法を公開している教科書的な
お勧めサイトです。
  ↓
水道橋博士の育毛法!水道橋 博士 育毛 シャンプー 話題の育毛web!



人間の顔には「表情筋」という筋肉があり、
これが衰えると表情が乏しくなり、
肌の老化へとつながります。


頭皮を柔軟にして育毛に効果的な
エクササイズをお教えします。


始める前の注意点
■意識を動かすところにに集中させましょう。
■リラックスした状態で、ゆっくりと動かしてください。
■慣れないうちは、鏡を見て動きを確認しましょう。
■筋肉は7秒以上負荷をかけないと運動の効果が出にくいです。
ひとつひとつの動作には7秒以上かけることを意識して下さい


頭皮を柔軟にして育毛効果を高める顔のヨガ

前頭筋(ぜんとうきん)、後頭筋(こうとうきん)を動かすエクササイズです。
頭皮全体を動かして、柔軟にする効果があります。

ひたいの横ジワの予防・解消にもなりますので
大変お勧めです。


ゆっくりと7秒位かけて眉を上げ、大きく目を
見開くようにします。

そのままの状態で、7秒間静止します。

つぎにまた7秒位かけて、目を閉じながら眉を下げ、
目を開いて元の表情に戻して下さい。


この顔のヨガ(エクササイズ)を5回〜7回
繰り返します。


どうでしょうか? 眉をあげるだけの簡単なエクササイズですが、
エクササイズ中に頭頂部に手をあてて確かめてみると、
前頭筋と後頭筋の両方がぐっともちあがり、頭皮全体が
動いているのが自覚出来ると思います。


この顔のヨガ(エクササイズ)により、頭皮の血行が良くなり
育毛効果も期待できますので毎日の習慣に取り入れましょう。


頭皮が脂症でベタベタしている方は、脂性肌用のシャンプー
使用することも重要です。


スキンタイプで選べるシャンプー『スカルプD』



首の血行をよくして発毛促進


首の血行が悪くなると、頭皮や毛母細胞の
すみずみにまで、血液が行き渡らなくなってしまい
異常脱毛がおこり抜け毛が増えて
薄毛になります。



首から上の血行を良くする、胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)を
動かす顔のヨガ(エクササイズ)で薄毛対策をする方法を
ご紹介します。


といってもどこででも出来るかんたんなエクササイズ
ですので、無理なく続けられると思います。


1、首を右側に限界までに回し、そのままの状態を
約7秒維持します。

2、次は左側に限界まで回し、そのままの状態を
約7秒維持します。

3、最後にまた約7秒かけて正面にゆっくり戻します。

※左右、3回〜5回ずつ行います。
※首を傾けず、まっすぐな状態で行ってください。


簡単なエクササイズですので、仕事の合間やテレビを
見ながらでもできます。


この胸鎖乳突筋を動かすエクササイズで、首から上の
血行を良くして
育毛効果
高めることが出来ます。

育毛効果だけではなく、首のシワの解消や
肩こり予防にも効果があります。

このようなかんたんなエクササイズで薄毛対策
出来ますので、是非実践してみて下さい。


もうひとつ、首の血行を良くするために注意
しなければならないのが、枕の高さです。


高すぎる枕は首から上に血液が行きにくく、
血行を悪くして薄毛を進行
させる恐れがあるとともに、
二重あごの原因になります。


高い枕を使っている方は、低めの枕に変えましょう。


頭皮が脂症でベタベタしている方は、脂性肌用のシャンプー
使用することも忘れないで下さい。


スキンタイプで選べるシャンプー『スカルプD』


かんたんに毎日出来る育毛体操!


毎日無理なく続けられる、育毛体操をご紹介します。


睡眠前に、首を上下、左右、右回り、左回りと
いう具合に軽い首の体操をします。


回数は別にこだわらず、毎日無理なく行える
回数にして下さい。


睡眠前に首の筋肉の緊張をほぐすことは、
育毛を考える上で大変意味のあることです。


その後、腕をダラ〜ンと下にたらした状態で、両肩を
上に持ち上げ首をすぼめるような感じにして、
5秒ほど静止して、その後ダラ〜ンと力を抜きます。


これを10回ほど繰り返します。


このように首と肩のストレッチを睡眠前にすることにより、
睡眠中に髪の毛を育てる良質な血液が毛根に
運ばれやすくなります。


今回ご紹介して体操程度でしたら、
無理なく毎日行えると思いますので、
是非習慣にして下さい。







抜け毛予防はここから始まる!日本初!飲むヘアケア

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。