薄毛を治すには体質改善


髪を発毛させるには身体の中から
変えていかなくてはなりません。

体質そのものを変える必要があるということです。


しかし「じゃどうそればいいの?」という方も
多いと思いますので、かんたんにご説明します。


まずは油物の食事を減らすことです。

意識して油物を食べないようにするだけでも
変化が現れます。

そして、野菜と魚を中心とした
バンランスのとれた食事。

大豆を多く食べることも効果的です。


必須アミノ酸、ビタミンB群、ミネラルを
バランスよく摂取すること。

なんだ〜と思われる方もいるかも知れませんが、
人間の身体は食べることによって
維持されていますので、髪を育てるにも
口から入る栄養が大切です。

普段の食事で難しい方は、サプリメントの
服用も効果的です。

お勧めできるのは、以下の商品です。

動画で効果を解説されているので、
お確かめ下さい。
   ↓





そして緑茶を多く飲むこと。

緑茶には毛根を萎縮させる有害物質を
抑制する働きがあります。

薄毛になる体質と改善法


子供の頃から、みなさんが知らないうちに
薄毛体質になってしまう原因があるとすると・・


個人差はありますが、影響を受けやすい人の割合は
確実に増加しています。


例えば最近話題のメタボリックシンドロームです。


下腹がポッコリとしたおなかになる現象です。


  
これは、ダイエットをするよりも先に食べるものから
考え直さないといけないことでもあります。



「トランス脂肪酸」っていう言葉を
聞いたことがあるでしょうか?



揚げ物やマーガリンなどにも含まれているもので、
人工的につくりあげた「脂肪酸が含まれた硬化油」が
代表的です。


これは天然の油と違って安い、カリッと揚がる、
おいしいという理由から、特に欧米では
ファーストフードを中心に重宝されていました。


ところが近年こんなことが分かり米国では
使用を禁止されました。


「トランス脂肪酸は血液中の悪玉コレステロールを
増加させ血流が悪くなり、心不全や心筋梗塞を引き
起こす可能性がある」


これほど危険なモノなのです。



しかし日本はというと・・・



まだまだファーストフード店の自主規制に
任せているのが現状です。

信じがたいことです。


安くて早いを追求すると待っているのは、
寿命を縮め生活習慣病を併発する副作用です。


副作用は薬品だけじゃなく、身近な食生活からも
ジワジワと身体に浸透して現れるのです。



その結果、薄毛体質にもなっていくのです。


これがどうして薄毛に直結するかというと、
悪玉コレステロールが増えるからです。


トランス脂肪酸を身体にいれることで、
心筋梗塞など深刻な病を引き起こす
可能性が高くなります。


ドロドロの血がどんどん身体にたまっていきます。


心筋梗塞にならなくても、血流自体は当然悪化します。


とくに頭部は身体のいちばん上にあるため、
ただでさえ血液のめぐりが悪くなりやすいので
要注意です。


結局はバランスのよい食事を心がけることが、
発毛の近道です。


育毛外来から生まれた飲む育毛剤



今からでも決して遅くはありません。

早く始めることが健康にもつながりますよ。

薄毛対策に良質な水


人間の体は大部分が水分で出来ています。


良質な水をたっぷり飲む習慣をつけることは、抜け毛予防にも
健康維持にもとても重要です。


薄毛対策のためにもこまめに良質な水を飲みましょう。

※良質な水とは、ミネラルを多く含んだ水のことです。

最近は楽天などで信頼できる水を、簡単に購入出来る
時代なので重たい思いをせずにすみますね。


美容と健康の水ヴァルナパイウォーター(1.5l×6本)


飲んだ水は細胞の中に出入りして、血液になったり、
いろいろな働きをしながら約40分で身体を一回りします。


良質な水ほど細胞の働きはスムーズに行われます。


赤ちゃんが急に大きくなるのは質の良い水を
たくさん蓄えられるからで、年をとると
細胞内の水が減少します。


赤ちゃんとお年寄りの肌を比べると水分量の違いは
歴然ですね。


髪の毛も我々の身体の一部です。


細胞に良質の水を蓄えて抜け毛を防ぐよう、髪の毛のために
良質な水を少し多めに飲む習慣をつけましょう!


出来れば一日1.5リットルは飲みたいところです。

飲み方の一番の理想は朝、昼、晩の食事の30分前に
500mlの水をゆっくりと飲む方法が一番お勧めです。


美容と健康の水ヴァルナパイウォーター(1.5l×6本)

抜け毛を減らす育毛レシピ


抜け毛を減らすのに効果的な料理をお教えします。


抜け毛を防ぐためには、動植物性タンパク質やビタミンEの
摂取が不可欠です。


健康オタクで体験主義の水道橋博士育毛成功のために
毛髪にいい食べ物は何でもチャレンジしたそうです!


動植物性タンパク質やビタミンEの栄養素がバランスよく摂取
出来る料理のレシピをご紹介します。


【ひき肉と秋茄子のみそ炒め】


材料は4人分の例です

なす6本、ひき肉50g、ねぎ5cm、しょうが1かけ、にんにく1かけ、
揚げ油(できれば紅花油)適量、ごま油小さじ2、
( 調味料:みそ大さじ3、砂糖大さじ2、みりん大さじ2、だし大さじ3)


【作り方】


1:ねぎ、しょうが、にんにくはみじん切り、なすは
乱切りにする


2:調味料を合わせておく


3:乱切りのなすを、油(できれば紅花油がベスト)で素揚げする


4:フライパンまたは中華鍋に油(できれば紅花油)をひき、
みじん切りしておいたねぎ、しょうが、にんにくを炒め香りが
出たらひき肉を加えて炒める


5:肉の色が変わったら、調味料Aを加え、素揚げしたなすを
加えてすばやく炒め、香りづけにごま油をたらして完成です!



簡単で、毛髪に良い栄養がバランスよく取れるので、
女性の方は是非レパートリーに加えてみて下さい。


男性の方は奥さんや彼女又はお母さんにこのレシピを見せて
週一のレパートリーに加えてもらいましょう!


また「あるある大事典」で薄毛で悩むなんと80%に、
育毛効果が現れたとして、最近大注目な成分があります。


それは「カプサイシン」「イソフラボン」です。


なんと、カプサイシンとイソフラボンを同時摂取するだけで、
80%の方に育毛効果が出たと発表
されたのです。



「カプサイシン」は赤唐辛子に多く含まれる成分で、
「イソフラボン」は大豆に多く含まれる成分です。




この2つを同時に毎日食べるようにすれば、80%の方は
育毛効果が現れると言うのです。




このことは、名古屋大学大学院医学研究科教授医学博士の
岡嶋研二教授の研究で明らかになりました。



80%の確立で育毛効果があるのですから、食べない理由が
ありません。





カプサイシンとイソフラボン同時摂取でIGF−1が増加します。




そのIGF−1が再び毛乳頭を活性化し、
抜け毛を防ぎ髪の成長を促進させ髪の毛を甦らせるのです。




まさに薄毛の方には夢の組み合わせです。



※IGF-1とは「インスリン様成長因子」ともいい、男性ホルモンの影響で
髪が生える指令をストップしてしまっていた状態の毛乳頭を活性化して
再び、髪の成長が促進されるという素晴らしい物質です。



かんたんに同時摂取出来る食べ方は、納豆にキムチを混ぜる
納豆キムチがかんたんで良いでしょう!




豆腐入りの味噌汁に一味唐辛子を入れて、毎日飲むのもかんたんに
摂取出来る食べ方としてお勧めです。




80%の方に育毛効果が出た「カプサイシン」と「イソフラポン」の
同時摂取ですが、ポイントは「毎日摂取すること」です。





毎日の食事で、摂取出来る方はそれに越したことはありませんが、

難しい方は、下記の来夢がお勧めです。




物凄い勢いで売れているみたいですので、8月下旬より発送です。


予約しておかないと中々手に入らないかも知れません。


来夢(ライム)♪髪に栄養!イソフラボンとカプサイシンを同時摂取!【大海(やまと)ショップ】


カプサイシンとイソフラボンを同時摂取!1本販売!




【3個セット】来夢(ライム)♪髪に栄養!イソフラボンとカプサイシンを同時摂取!【大海(やまと)ショップ】

カプサイシンとイソフラボン同時摂取!お得な3本セット

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。