プロペシア(フィナステリド)について


フィナステリドの作用機序

飲む発毛剤「プロペシア」の成分である「フィナステリド」は、
本来は良性前立腺肥大の治療および緩和に使用されている
薬で米国メルク社から「プロスカー」という商標名で
発売されていました。


その後の研究で1997年12月22日、経口フィナステリド 1 mgが、
男性型脱毛症の治療として米国食品医薬局(FDA)に
認可されると、世界50ヶ国以上で売られるようになりました。


男性ホルモンの1種であるテストステロンが、5αリダクターゼ
という変換酵素の働きで、ジヒドロテストステロン(DHT)という
ホルモンに変換され、このホルモン(DHT)が脱毛を引き起こす
ということが最近の研究から分っています。


※これが壮年性(男性型)脱毛症原因であると言われています。


フィナステリド(製品名プロペシア)は、5αリダクターゼの働きを
抑制することにより脱毛を防ぎ、発毛を促進する経口発毛剤です。


※ただし、プロペシア(フィナステリド)の使用には、
医師の診断と処方が必要です。
(男性機能障害等の副作用も出る可能性もあります)


プロペシアは試してみたいが、服用するには医師の診断と
処方箋が必要ということと、副作用の心配もあることで
迷っている方も多いはず。


そんな方にお薦めなのが今話題の「サプリD 5α−R」



このサプリメントは、栄養補助食品レベルながら、主成分は< 今話題の


「プロペシア」と同じ作用を持つと言われている成分


を贅沢に配合した全く新しい抜け毛予防サプリメント。

※サプリメントですので副作用の心配も当然ありません。


抜け毛に悩む男性は、是非一度お試し下さい!






>>>詳しくは





プロペシア(フィナステリド)の作用


飲む発毛剤プロペシア」の成分である「フィナステリド」は、
本来は良性前立腺肥大の治療および緩和に使用されている
薬で米国メルク社から「プロスカー」という商標名で
発売されていました。

水道橋博士育毛成功の為、プロペシアが日本解禁になる前から、
服用されていたそうです。


その後の研究で1997年12月22日、経口フィナステリド 1 mgが、
男性型脱毛症の治療として米国食品医薬局(FDA)に
認可されると、世界50ヶ国以上で売られるようになりました。


男性ホルモンの1種であるテストステロンが、5αリダクターゼ
という変換酵素の働きで、ジヒドロテストステロン(DHT)という
ホルモンに変換され、このホルモン(DHT)が脱毛を引き起こす
ということが最近の研究から分っています。


※これが壮年性(男性型)脱毛症の原因であると言われています。


フィナステリド(製品名プロペシア)は、5αリダクターゼの働きを
抑制することにより脱毛を防ぎ、発毛を促進する経口発毛剤です。


※ただし、プロペシア(フィナステリド)の使用には、
医師の診断と処方が必要です。




服用はしてみたいが、服用するには医師の診断と処方箋が必要のため、
迷っている方も多いと思います。


そんな方にお薦めなのが今話題の「サプリD 5α−R」



このサプリメントは、栄養補助食品レベルながら、主成分は< 今話題の


「プロペシア」と同じ作用を持つと言われている成分


を贅沢に配合した全く新しい抜け毛予防サプリメント。


プロペシア同様、薄毛の原因物質「5αリダクターゼ」を

効果的に制御する優れものです。


抜け毛に悩む男性は、是非一度お試し下さい!






>>>詳しくは



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。