カプサイシンとイソフラボンで薄毛改善


薄毛(男性型脱毛症)を引き起こし、
発毛を困難にすると言われる
ジヒドロテストステロン(DHT)は原因酵素、
「5α-リダクターゼ」によって作られます。


この「5αリダクターゼ」に高い抑制効果を示し、
頭皮におけるジヒドロテストステロン(DHT)の
局所濃度を低下させる効果があると言われているのが、
飲む育毛剤として有名なプロペシア
(主成分:フィナステリド)です。


実際に血中のジヒドロテストステロン(DHT)を
60%以上も減少させ、抜け毛薄毛進行の停止、
髪の毛の増加などの育毛効果も報告されています。


実はプロペシアの有効成分である「フィナステリド」は
元々は育毛や薄毛防止の薬剤ではありません。

フィナステリドは前立腺肥大症の治療薬として
米国で開発されたのです。


試験的に服用した被験者に薄毛進行の停止や
育毛・発毛効果のあることが偶然見つかり、
一錠あたりの「フィナステリド」含有量を
1/5程度に減らす事で、米国FDAに
飲む育毛剤として認可されたのが
飲む育毛剤プロペシアなのです。


しかし、医薬品ですので服用には医師の診断・処方箋が
必要となります。

また、薬価基準未収載薬ですので
保険給付の対象外です。

全額自費購入という事になりますから、
従来の育毛剤に比べると高額に感じるかもしれません。

現在はプロペシア以外にカプサイシンとイソフラボンの
同時摂取で驚くべき育毛効果が期待出来るダブルインパクトが
凄く注目されています。

カプサイシンとイソフラボンを同時摂取することにより、
毛乳頭に働きかけ再び活性化する働きがあると研究の
結果わかりました。

そこで実際に薄毛や円形脱毛症の方に
摂取してもらったところ、驚くべき結果が!!

動画で育毛効果が確認出来ます。(驚)

驚きの育毛効果を動画で確認
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135734110
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。